火葬と供養

今までの子供写真ブログ、つなぐユメは、少しお休みし、
検索ワードで、ここにたどり着く人が、少しでも少ないことを祈りつつ、
万が一、ここにたどり着いた人に、何かを伝えることができたらと思い、
たった数日で味わう、出来事を書き記そうと思います。





お別れの時…
守ってあげられなくて、ごめんね…と、何度も何度も謝りました…。

骨も灰も残らないと思う…
そう、病院では言われていましたが、
新しい火葬場は高温だから、何も残らない…とか、
古い火葬場の方がよい…とか、
WEBを通して、いろいろと見させていただいていたので、
灰でもなんでもいいので、何か残るようにとお願いしました。

ものすごく、気を使って焼いてくれたらしく、
(担当してくれた方が、夫に言っていた…)
肋骨がしっかりわかるくらい、骨が残ってくれて、収骨することができました。

連れて帰れる…
ずっと一緒にいられる…
そう思うと、少しだけ、救われた気がしました…。

火葬の日は、イモウトの誕生日…。
(アネとイモウトは、誕生日が一日違い…)

お彼岸だったので、お墓参りをし、
最後の力を振り絞って、(この時すでに30時間以上寝ていない…)
ケーキとお線香を買いに出かけました。


d0258417_21505972.jpg



そこで見つけた、お線香!!
甘い香りに包まれて、
毎日、家族みんなで、一日に何度もお線香をあげています。

後々、水子供養をする…とか、
お墓に入れる…とか、
色々な考えがあるそうですが、
しばらくは、一緒にいたいと話し合いました。

翌日には、仏具を見に行ったりもしました。
数万円する仏具セット…ですが、
仏具屋さんから話を聞くと、
かわいいガラス素材のものなど、燃えなければ、なんでもいいそうです。
雑貨屋さんや、ガラス屋さんで、かわいく気に入ったものを、
選んで使って、全然いいですよと、教えてくれました。

供養や、仏具に関して、
気持ちの問題で、ある程度、自由なんだそうです。

専門の方にそう教えていただいたので、
小樽などで、気に入ったものを選ぼうと思いました。




少しでも、同じような経験、不安を抱いている方に、何かを伝えられるようにと、
ブログランキングに参加してみました。

にほんブログ村 子育てブログ 天使ママパパ夫婦育児へ
にほんブログ村
by dosanko-mama | 2015-09-27 21:55 | 稽留流産 | Comments(0)