マナー

夏休みが終わる数日前…。

市内にある公園に遊びに行った…。

ついて早々、ミストが出ている部分があり、
飛び込んでいった子供たち…。

でも、なにやらいつもと雰囲気が違う…。

そこで遊ぶ子供たちを、
十数名のカメラマンの方たちが、写真を撮っている…。

当然、我が子らも撮られたようなのだけど、
何かの撮影会で邪魔になるのでは?と思って、すぐさま子供らを呼び寄せた…。

聞いてみると、サークルのような撮影会のようだったみたいで、
その撮影会のために、ミストが出るようにされていたわけではなく、
いつも時間ごとにミストが出るらしかった…。

が…、
なぜに、「写真を撮らせて」とお願いせずに、
勝手にバシャバシャ撮るのだろう…。

肖像権があるのだから、何かに勝手に使われることはないのかもしれないが、
そんなもの、わからないし、
たまたま写りこんでいるわけでもなく、
近づいて(しかも大勢で)無断で撮られるのは、気分の良いものではない…。

と、いうのも、今回が初めてではないから…。

ましてや、美瑛・富良野でのマナーの悪さが、
今や、全国ニュースに取り上げられるようになり、
写真家のマナーやモラルが問題視されているというのに…。

(5本の木に関しては、嵐ファンも含まれるのかもしれないが、
 年配の方も無断で私有地に入っていたらしい…。
 ほかにも、民家に無断で入り、盗難事件もあったそうな…
 もはや、犯罪である…)

一言、確認したり、お願いしたり、聞いたりすれば良かったようなことも、
勝手に無断で…というのは、
やはり問題だと思うハハ…。

しかもそれが、本来は、常識のあるはずの年配の方が多いというのは、
いかがなものなのだろうか…?

今一度、行動を見直さなければいけないと思う今日この頃…。

カメラがどんなに身近なものになろうとも、
人を不快にさせるのはダメだよね…。

アネもオトウトも大きくなってきたし、
いろんな理由から、このブログも近々、変えていこうと思います…。

今後とも、宜しくお願いいたします。
by dosanko-mama | 2013-08-21 16:10 | 日常 | Comments(6)
Commented by hahanoyasumijikan at 2013-08-22 13:00
ネットなどの環境での流出とかに対して
昔の方は免疫が少ないのかもしれませんね…
うちも子供たちが知らぬうちに撮られていたことがありました。
「写真撮ってもらったのー!良かったねー!」と
大きな声で子供に声かけたらすっ飛んできましたけどね(笑)
コンクールとか勝手に出されていたりしたらそれこそビックリですよね。
Commented by るるりま at 2013-08-24 19:07 x
ネット社会。。。
おもしろさも、便利さも怖さも紙一重。。。

うちも長男、意外と有名人になっており。。。(笑)
知らない人からお声を掛けられることがたびたびあり。。。
ブログを楽しみにしている方もいるので
限定公開にした次第です。。。

ブログを通して、実際にお会いして
長男は恩師となる人にも出会えましたし。。。
否定することばかりではないですが
だからこそマナーは大事になってきますね!
Commented by はるたい at 2013-08-28 21:09 x
自分も先日同じような経験をしました(汗)
向こうは悪気はないとは思うんですが、勝手に撮られた側は
いい気がしませんよね。
せめて、”ひと言”があってもいいと思うんです。
いい天気ですね~。とかでもいいんです。

今度、そんな場面にあったらその人を逆に狙ってみようと思います(笑)
Commented by dosanko-mama at 2013-08-29 23:26
hahanoyasumijikanさん>
知らない子供を撮って、果たして何をしたいのでしょうね?
今回は、写真サークルの方たちで、
公式モデル撮影会のごとく、子供たちに近より、大勢の中高年の方に囲まれ、すごい枚数の写真を撮られると、さすがにひきました…苦笑。
肖像権を知らないのでしょうかね?
Commented by dosanko-mama at 2013-08-29 23:28
るるりまさん>
最近、たまたまなのか、非常識な方々をお見受けする機会が本当に多くて、ビックリです…。
育児や、子供たちの記録を兼ねたブログがメインのため、少々変更することにしました。
ファン申請、お待ちしております。
Commented by dosanko-mama at 2013-08-29 23:31
はるたいさん>
悪用してやろうという悪気はないと思うのですが、気分はよくないですね…。
ちょっといいですか?って聞いてくれれば、ぜんぜんいいんですけどね…。
写真家マナー問題は、深刻なことも多いので、今度こういう機会があれば、一言申したいと思います…苦笑。