考えさせられること

札幌市内でも、中学生の自殺ニュースが報じられました。

このような、イジメのニュースは、
明日はわが身と言うか、人事ではない気がして、
いつも考えさせられます。

アネに、
「いじめられたら親に言う?」と聞いたところ、
「言わなーい」
と言われました…。

「なんで?」と聞くと、
「本を読んだけれど、子供にもプライドがあって、
 親には、明るくいい子と思われていたいから、言わないんだって~。
 だから言わな~い。
 でも、本当にそうなったら、わかんない」

と、言われてしまいました…。

学校内で、イジメはないものの、
友達同士の複雑な友人関係は、少なからずあるようで、
適当なことは言えないなと思いながらの会話でしたが、
やっぱり、自分が標的にされるのがこわいと言っていました。
だから、傍観者になる部分もあると…。

いじめられている、嫌われている子を、
助けてあげられるくらい、優しい子でいて欲しいと思う反面、
それで、自分の娘に標的が変わり、
ツライツライ思いをさせてしまうことになったら…と思うと、
なんていっていいのか、わからないのが本音でもありました…。

これからの年齢、ますます難しい年頃になっていく子供に、
親として、何を言ってあげられるか、すごく難しいことだなと思います…。

ただ、何かに悩んだときは、
相談の一つもして欲しいと思うのと、
困ったときに相談できる、
頼れる、大きな親でいたいと思うのでした。

そんな子供たち…。
今日は雨予報でしたが、秋の遠足へ…。

小雨程度はあたったそうですが、
結構な距離を歩いた子供たちは、お疲れモードで帰ってきました。

オトウトは、野生のリスを見て喜んでいたり、
久しぶりのお弁当に喜んでいたり…。

子供たちが笑顔で生活してくれることは、
ハハにとっての一番の幸せだと再確認する一日でした。


d0258417_20254872.jpg

by dosanko-mama | 2012-09-06 20:32 | 子ども | Comments(2)
Commented by syuhu_papa at 2012-09-06 21:16
いじめ嫌は話ですね。私は経験があるだけにニュースを見るたびに苦しい気持ちになります。
お姉ちゃんの言っていたことわかります。そして子供ながらに親に自分の子供(本人)がいじめられているということをいうこと自体も勇気がいるんですよね。私は言えませんでしたし今でも言えていません。
私が思うのはいじめを目撃した場合注意していじめの標的になるのは怖いです。だから変に注意したりはしない方が良いと思います。ただ、だからと言って傍観者になるのではなくて、ちょっとしたときなど、何気ないことでも声をかけてあげたりしてほしいなと思います。
いじめられている子にとってはそういう何気ない一言であってもすごく救われるものです。普通に接してあげるだけで一歩でも二歩でも自殺から遠ざけてあげることができると思います。
すみません。なんだか重苦しいコメントをしてしまいました。
いじめ問題は、「必ず起きているものなんだ」と教育者(教育委員会や学校、特に教育委員会でしょう。)が認めていかないとか変わらないと思います。

せっかくの遠足が雨降りで残念でしたね。
でも子供って雨降りも楽しめたりしますよね。

良い写真ですね。2人の笑顔癒されます。
Commented by ハハ at 2012-09-06 23:20 x
syuhu_papaさん>
つらい経験があったのですね…。
いじめに発展する前に、先生に対応してもらえるのが一番かなと思いながら、考えたりしています。
子供の問題に、親がしゃしゃり出るのも、子供の立場をかえって悪くするかもしれないと思うと、難しいですね…。ただ、親は何も知らなかったというのも、つらいので、何でも話せる親でありたいと思いますけど…。
すごく些細なことで、嫌ったり、仲間はずれにしたり…。大人の世界では、理解が出来ないことが原因だったりするようです…。
我が子が、いじめられたり、嫌われるのはすごく嫌ですが、我が子が加害者になるのは、もっと嫌なので、子供には、人を嫌わず、優しく接するよう教育しています。
学び場である学校内での生活で、一日のほとんどの時間を過ごすわけですから、仲間とのかけがえのない時間を作っていって欲しいと願うばかりです。